成功するガラス張り経営

日経トップリーダー2021.03号を「失敗するガラス張り経営10事例」を参考に加工)


1.業績が悪くても数字はオープンにする → 社員全員で現実を直視し回復に向けた一体感を高める

2.社長が自ら数字を語る場を設ける → 社長自ら語ることで本気度・真剣さが伝わり、社員に当事者意識が生まれる

3.全社員にオープンにする → 一部社員にしか数字を知らないのでは、ガラス張り経営にならない

4.公私混同しない →情報をオープンにしても誰にも指摘されない正しい会計処理を行う

5.数値の見方も教える → オープンにされた数字が示す意味がわかってこそ、社員の当事者意識がより高まる

6.数字と人事評価が連動している → 賃金が数字と連動したものであることが明確であれば、社員の数字に対する意識も高まり、行動も変わってくる

7.社員所属部署以外の部署の数字もオープンインする → 他部署の実態を知ることで、他部署への協力・支援意識も高まり、会社全体の底上げにつながる

8.社員に情報の取り扱いの注意喚起をする → 内部での数字をオープンにすることを有効にするためには、外部に情報が漏れることが絶対にあってはならない

9.役員報酬も公表する → 役員報酬も公表することで、社員が疑心暗鬼をなくし、安心して納得して業務推進ができるようになる

10.数字への問合せには真摯に対応する → 数字をオープンにする経営の本気度・真剣さが伝わり、社員の士気を高めることになる











事業継続力強化計画1













team夢元気のホームページ







広島県中小企業再生支援協議会のサブマネージャー経験者で、中小企業診断士、人本経営学修士(EMBA)の藤井好宏がサポートします。
◇経営計画策定のサポート、お任せください。
◇早期経営改善計画策定のサポート、お任せください。
◇経営力向上計画策定のサポート、お任せください。
◇事業継続力強化計画策定のサポート、お任せください。
◇経営革新計画策定のサポート、お任せください。
☆会社活性化のサポート、お任せください。
☆円滑な事業承継に向けたサポート、お任せください。


2013年4月26日付けで「経営革新等支援機関」に認定っ
「認定支援機関」の弊社にお気軽にお問い合わせください。
経営改善、経営活性化を伴走型で支援します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・