アクションプラン




本当に私の勝手な極論ですが・・・

経営計画書に数値計画がなくても、アクションプランは不可決と言いたいくらい、アクションプランを非常に重要なものと思っています。
適切かつ有効な行動を計画化したものに沿って行動していけば、数字は当然ついてくるはずです。

経営においてよく使われる言葉に「PDCAサイクル管理」というものがあります。
P:プラン・・・・・・計画
D:ドゥ・・・・・・・・行動
C:チェック・・・・・検証
A:アクション・・・軌道修正
「 P → D → C → A 」を繰り返すことで、一歩一歩成功像に近づくことになり、それに相応しい数値もついてくることになるのです。

こうしてみると、経営計画における「PDCAサイクル管理」の対象は「アクションプラン」なんだということがお分かり頂けるのではないでしょうか・・・。
なので、経営計画に「アクションプラン」がないと、使命を果たし続けるために成功像を達成することは難しくなるということになります。

だから、私は、経営計画書に数値計画がなくても、「PDCAサイクル管理」の対象となるアクションプランは不可決と言いたいですし、アクションプランのない経営計画は経営計画ではないと断言します。

アクションプランの基本的な構成は次のとおりです。
何を(アクションプランの項目)
何のため(目的)
どのように(具体的取組方法)
誰が(主担当、連携者)
いつ(いつから、いつまでに)
数値予測(費用、効果)







広島県中小企業再生支援協議会のサブマネージャー経験者で、中小企業診断士、人本経営学修士(EMBA)の藤井好宏がサポートします。
◇経営計画策定のサポート、お任せください。
◇早期経営改善計画策定のサポート、お任せください。
◇経営力向上計画策定のサポート、お任せください。
◇事業継続力強化計画策定のサポート、お任せください。
◇経営革新計画策定のサポート、お任せください。
☆会社活性化のサポート、お任せください。
☆円滑な事業承継に向けたサポート、お任せください。


2013年4月26日付けで「経営革新等支援機関」に認定っ
「認定支援機関」の弊社にお気軽にお問い合わせください。
経営改善、経営活性化を伴走型で支援します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・