不易流行経営




「不易流行」という言葉があります。

「不易流行」は、江戸時代の松尾芭蕉が「奥の細道」の旅の中で見出した俳諧の理念の一つで、「いつまでも変化しない本質的なものを守りながら(不易)、変化に応じて新たなものを柔軟に取り入れていくこと(流行)」ということを意味します。

不易流行の考え方をビジネスに置き換えてみますと・・・

「不易」=創業から脈々と受け継がれる大切にする「あり方(経営理念)」を変えないこと
「流行」=あり方を踏まえながら変化に応じて柔軟に「やり方(戦略、戦術)」を変えること










広島県中小企業再生支援協議会のサブマネージャー経験者で、中小企業診断士、人本経営学修士(EMBA)の藤井好宏がサポートします。
◇経営計画策定のサポート、お任せください。
◇早期経営改善計画策定のサポート、お任せください。
◇経営力向上計画策定のサポート、お任せください。
◇事業継続力強化計画策定のサポート、お任せください。
◇経営革新計画策定のサポート、お任せください。
☆会社活性化のサポート、お任せください。
☆円滑な事業承継に向けたサポート、お任せください。


2013年4月26日付けで「経営革新等支援機関」に認定っ
「認定支援機関」の弊社にお気軽にお問い合わせください。
経営改善、経営活性化を伴走型で支援します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・