時代の変化に適応すること



経営というものは人の幸せをめざして行うものなのだから、人間の本質がいつの時代においても変わらないものである以上、正しい経営理念(あり方)も基本的には不変である。

しかし、経営理念を現実の経営の上に表すその時々のやり方は、「日に新た」でなければならない。

老舗企業でも経営に行き詰まる要因は、正しい経営理念(あり方)は承継されているが、以前の成功体験を引きずったやり方のままで、時代に沿ったやり方に変化できていないこと。

製品ひとつとっても、今日では次々と新しいものが求められる。

だから、正しい経営理念(あり方)を持つと同時に、それに基づく具体的なやり方はその時々に相応しい「日に新た」なものでなくてはならない。

この「日に新た」というこいとがあってこそ、正しい経営理念(あり方)も本当に永遠の生命をもって生きてくるのである。




「実践経営哲学」〜松下幸之助〜より
※一部加工




広島県中小企業再生支援協議会のサブマネージャー経験者で、中小企業診断士、人本経営学修士(EMBA)の藤井好宏がサポートします。
◇経営計画策定のサポート、お任せください。
◇早期経営改善計画策定のサポート、お任せください。
◇経営力向上計画策定のサポート、お任せください。
◇事業継続力強化計画策定のサポート、お任せください。
◇経営革新計画策定のサポート、お任せください。
☆会社活性化のサポート、お任せください。
☆円滑な事業承継に向けたサポート、お任せください。


2013年4月26日付けで「経営革新等支援機関」に認定っ
「認定支援機関」の弊社にお気軽にお問い合わせください。
経営改善、経営活性化を伴走型で支援します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・