人間観を持つこと



経営は人間が行うもの。経営者自身の人間、従業員も人間、顧客やあらゆる関係先の全て人間。
つまり、経営というものは、人間が相寄って、人間の幸せのために行う行動だと言える。
人間とは、生長発展という自然の理法に従って、人間自身の、また万物との共同生活を限りなく発展させていく権限と責務を与えられている万物の王者ある。
その人間観を自覚し、そのうえで経営者としての自覚を持つことで、確固たる信念に裏打ちされた力強い経営が生まれてくる。



「実践経営哲学」〜松下幸之助〜より
※一部加工




広島県中小企業再生支援協議会のサブマネージャー経験者で、中小企業診断士、人本経営学修士(EMBA)の藤井好宏がサポートします。
◇経営計画策定のサポート、お任せください。
◇早期経営改善計画策定のサポート、お任せください。
◇経営力向上計画策定のサポート、お任せください。
◇事業継続力強化計画策定のサポート、お任せください。
◇経営革新計画策定のサポート、お任せください。
☆会社活性化のサポート、お任せください。
☆円滑な事業承継に向けたサポート、お任せください。


2013年4月26日付けで「経営革新等支援機関」に認定っ
「認定支援機関」の弊社にお気軽にお問い合わせください。
経営改善、経営活性化を伴走型で支援します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・