組織活性化のための以下の重要な要素はどうしたら得られるか?

1.一人ひとりが「主体性」を持ち輝くこと
2.お互いが良好な関係で「連携」し響き合うこと


それは「お互いに人としての存在を大切にする」ことから・・・

「お互いに人としての存在を大切にする」とは、「お互いの存在を認める」ということ。
言い換えると、「お互いの違いを受け容れる」ということ。
「違い」を頭ごなしに否定することは当然いけませんが、「違い」を押し付けることもいけません。
どんな「違い」かというと、人種、国籍、性別、年齢、学歴、障がいの有無、思想・信条、考え方などです。
そもそも人は、容姿も考え方も、全て違うのです。
違い(多様性)を受け容れられなかったら、社会は成り立ちません。
もし、全員が同じだったら、無機質で活力がない、成長・発展も全く見込めない社会となってしまいます。

社会の縮図といえる「会社」も同様です。





広島県中小企業再生支援協議会のサブマネージャー経験者で、中小企業診断士、人本経営学修士(EMBA)の藤井好宏がサポートします。
◇経営計画策定のサポート、お任せください。
◇早期経営改善計画策定のサポート、お任せください。
◇経営力向上計画策定のサポート、お任せください。
◇事業継続力強化計画策定のサポート、お任せください。
◇経営革新計画策定のサポート、お任せください。
☆会社活性化のサポート、お任せください。
☆円滑な事業承継に向けたサポート、お任せください。



face book(フェイスブック)
超一流新聞です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2013年4月26日付けで「経営革新等支援機関」に認定っ
「認定支援機関」の弊社にお気軽にお問い合わせください。
また、「知的資産経営」のサポートは、私たち「team夢元気」が得意とするひとつです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・