2018年11月27日

主体性・・・

主体性ある社員になって欲しい

そのためのサポートをお願いしたい

・・・との依頼がある


経営者はまず、自分が社員だとしたら「どうしたら主体性を持つか」を考えてみて欲しい

きっと以下が挙げられる

〃弍塚念に基づく言動を全員が実践している
⊃場の風通しが良い
・ 職場全体が明るい
・ 誰(社長)にでも気軽に話(相談)ができる
・ みんなが協力し合っている
やりがいが感じられる
・ 上司から意見を求められる(考える)
・ ちょっとしたことを最後まで任される(考え組み立てる)
・ 様々なことをみんなから認められる(会社に在籍する意味を感じる)

つまり、まずは経営者が上記の「環境整備」をすることが重要


そのうえで主体性ある社員になるための「教育」をすることで大きな成果につながる

主体性ある社員になるための「教育」として以下が挙げられる

ー勸お互いの存在に感謝する(皆が会社に在籍する意味を感じる)
▲董璽泙鰺燭┐届正弔気桟誅世鮟个気擦襦聞佑組み立てる)


ということで、2019年1月19日実施の研修内容を今から組み立てます







face book(フェイスブック)
超一流新聞です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2013年4月26日付けで「経営革新等支援機関」に認定っ
「認定支援機関」の弊社にお気軽にお問い合わせください。
また、「知的資産経営」のサポートは、私たち「team夢元気」が得意とするひとつです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

p78m6u9v at 16:00