【今日の「 Good & New 」】

昨日の広島サロンの定例会の参加者が18名もあったこと。
さらに、そのうち8名が初参加であったこと。
広島サロンもどんどん大きくなっています。


【今日の経営理念】

〔 企業理念 〕
おいしさと健康
おいしさの感動を
健康の歓びを
生命の輝きを
Glicoは、
ハート・ヘルス・ライフのフィールドで
生活づくりに貢献します。

〔 Glicoスピリット 〕
創る・楽しむ・わくわくさせる
創ることを精一杯楽しんで、
大胆に行動を起こしてみましょう。
面白いこと 新しいこと
愉快こと 素晴らしいこと
創意に満ちたチャレンジは
きっとぼくらを わくわくさせる
きっとみんなを わくわくさせる

(江崎グリコ株式会社)


【昨日の減量作戦実施報告】

朝7時の目覚めは最高でした。
しかし、ウォーキングの時間はとれないので、そのまま会社へ行く準備。
仕事は、暑い日だったので、徒歩では汗をかくと思い、自転車で行動。
それでも大汗。
エネルギー代謝を実感。
減量につながっていることを実感。
朝、昼と食事は少なめ。
夜もいつもより少なめの食事。
晩酌は、芋焼酎を生地でぐい飲み6杯。ちょっと多めかなっ。
1日汗かいて、何となく体が軽くなったような気がして、嬉しい気持ちで就寝。
今朝の体重は、前日より100g減。
トータルでマイナス100g。
つまり、減量作戦一週間での成果は100g減。
成果が出ていることに感動っ!
固形食物を少なくすると減量できるのかも・・・。
でも、どうしても分らないのは、早朝ウォーキングが何故できないのかが・・・。

☆人気blogランキング☆
ここでの一押しが私の勇気を一押し
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【広島サロン四月度定例会】

そうです。
昨日の4月19日は、広島サロンの定例会でした。
テーマは「コンセンサス法」〜サバイバルの旅をいかにして全員無事に終えることができるか〜
です。
6つの課題があり、それぞれの状況下でどの手段を採用するかについて、全員合意のうえ決定するというものです。

流れとしては、次のようなものでした。

☆まずは、4つにチーム分け

近くの人とジャンケンをし、負けた人が勝った人の後ろに付く。
勝った人どうしでまたジャンケンし、負けたほうが勝ったほうの後ろに付く。
この繰り返しで、一本のつながりをつくる。
そして、先頭の人から順番に、1.2.3.4、次も1.2.3.4と繰り返し声を出し、同じ数字の人どうしでチームを組む。

☆個人ワーク

6つの課題についての手段を3つの選択肢からひとりひとりが決定。
その理由も明確にする。

☆グループワーク

個々人の意見を出し合い、それを皆で納得、合意しながら、チームとしての意思決定につなげる。

☆振返ってみて・・・。

通常ファシリテーターは、会議の内容(コンテンツ)には立ち入らず、会議の進行、過程(プロセス)にかかわっていきます。
今回は、個人ワークの段階で個々人が明確な決定をしていましたので、そのなかから選ばれたファシリテーターですから、コンテンツに入らざるを得ません。
それに、とにかく課題が、生死にかかわることですから・・・。
私達の班は、ファシリテーターと書記を決めてから議論に入りましたが、何の役割も決めていない班もありました。
4.5人のグループならわざわざファシリテーターを決める必要はないという意見もありましたが、よくよく聞いて見ますと、そういった班も自然と誰かがファシリテーター的な役割をしていた様ですよっ。
このことが非常に面白かったです。
生死にかかわるような重大な意思決定は、全員の納得、合意形成が必要ですから、そのために果すファシリテーション、ファシリテーターの役割は非常に大きなもの、欠かすことのできないものであるということがわかりました。

そして、合意形成に向けてその他の大事なことが確認できました。
〔榲、コンセプトを明確にしたうえで議論に入ること。
議論におけるルールを設定しておくこと
ひとつの班だけは、6つの課題のうち2つの課題の合意形成・意思決定ができていませんでした。
そこは、目的、コンセプトを明確にしていなかったそうです。
私の班は、全員が無事サバイバル状態を脱するためにどういうコンセプトのもと意思決定をするかについて先に合意できていましたので、それに照らし合わせて全ての課題の意思決定をすることができました。
そして、逸見(へんみ)さんのみごとなファシリテーションは、平等な発言回数丁寧な確認等により、全員が満足できる意思決定を実現し、議論の場での不完全燃焼や欲求不満を感じさせないものだったようです。
私が思うところのファシリテーターの大事な役割のひとつは、参加者が会議の中で欲求不満にならないようにすることだと思っています。
こがうまくいけば、きっと会議も生産性あるものになるはずです。

私自身今回の定例会で再確認できました。
.織ぅ爛好吋献紂璽襦癖刻み)
会議・議論のコンセプト、目的(ゴール)の明確化
2餤弔砲けるルールの設定
という3点については、しっかり時間をかけて合意しておくことが重要ということが・・・。

問題点もありました。
全員の意見が最初から一致していた選択肢について、本当にそれでいいのかの確認を怠っていたことです。
全員が選択していた手段が実は、サバイバルの状況では相応しくなかったのです。
この点は、問題点ではありましたが、今後のための大変いい気づき、学びとなりました。

総合ファシリテーターの依田さんはじめ皆さんお疲れ様でした。

帰りに他の参加者の人と話しをしていました。
ファシリテーションの勉強にきている人ばかりの場合、皆がファシリテーションを意識するので、当然議論がスムーズに進んでいく。
つまり、コンフリクトがあまりないので、コンフリクト解消の場面でのファシリテーションの勉強が不足するということです。
無理に「困ったチャン」の役割を設定するとかの工夫も必要ですねっ。


今日はこれまでで〜す。

引き続きよろしくお願いします。

ひとつでもためになることがありましたら、クリックお願いします。
☆☆☆人気blogランキング☆☆☆
ここでの一押しが私の勇気を一押し

・クルーザーヨット「ハーモニー( TUBOI 950 )」のクルー募集中です。
北九州市立大学ヨット部員も募集中ですっ。


図解・マインドマップノート術


実務入門 会議、ミーティングが驚くほどうまくいくファシリテーションの教科書

+++++++++++++++++++++++++++++++
頑張る人の “夢” と “元気” をサポート
株式会社 藤井事務所 group 藤井好宏
+++++++++++++++++++++++++++++++