さてさて、4月1日が近づいてきました。

民間事業者対象の「個人情報保護法」の施行です。
前回9日間にわたって「個人情報保護法」の説明をしました。
がっ、「具体性が無くってよく分らない」のではないかと思いまして、今日は、具体的に質問形式で学んで生きたいと思います。
最後までお付き合いください。

というのも3月17日のセミナーで、私自身理解が不十分だった点に気づきましたので・・・。

「順位アップ」にワンクリックご協力をっ!
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、質問です。

頭をよく働かせるためには、水分を採る事と、左右均等な運動をする事だそうです。
準備はいいですか?

次の中から、「個人情報取扱事業者」を選びなさい。

1.中小企業診断士業務を柱とする(株)藤井事務所は、2年前から常時5人の従業員体制で頑張っています。
当然スタッフ名簿、出勤簿、賃金台帳を備えています。
1年前に各人が名刺ホルダーを整理し、その後もクライアントさんの「あいうえお」順に名刺を頂戴するたびに整理しています。
名刺ホルダーにある名刺の合計枚数は、1年前に既に5200枚、その後増え続け、昨日確認しましたら6000枚になっていました。

さて、(株)藤井事務所は「個人情報取扱事業者」でしょうか?


2.個人事業の社会保険労務士藤井事務所の従事者は社会保険労務士資格者1人と補助者10人の体制で3年前から業務を行なっています。
当然スタッフ名簿、出勤簿、賃金台帳を備えています。
給与計算業務の受託がメインです。
毎月月末になると、各企業からフロッピー等でデータを預かり、それをもとに給与計算をします。
その受託のデータには、常に4300人分の個人データが含まれています。
業務終了後は、成果物を渡す際、預かったデータも返却します。
その他の個人データとしては、過去1年間で見てみますと常時500人分を保有します。

さて、社会保険労務士藤井事務所は「個人情報取扱事業者」でしょうか?


3.企業組合お助け隊は、個人10人の組合員構成です。
当然スタッフ名簿、出勤簿、賃金台帳を備えています。
業務内容はリフォーム業です。
最近競争が激しく苦戦しており、8ヶ月前には5010件あった顧客も、6月半前には4950件に減って現在も減少傾向です。ただ、個人データとしては既存顧客の4950件を含めて7000件以上が2年前からデータベース化してあります。

さて、企業組合お助け隊は「個人情報取扱事業者」でしょうか


4.エイブル病院は、ここ数年、医師2名、看護士6名、その他3名のスタッフ構成です。
当然スタッフ名簿、出勤簿、賃金台帳を備えています。
カルテが5500人分あります。
ただし、550人の情報は既に亡くなった人のものがそのままにされています。
その他の個人データは有りません。

さて、エイブル病院は「個人情報取扱事業者」でしょうか?


5.日新商事(有)は5ヶ月前に法人成立し、不動産業を始めています。
当然スタッフ名簿、出勤簿、賃金台帳を備えています。
スタッフ5人が設立当初から大変な努力をし、売上もどんどん上昇してきています。
そしてパソコンには、既に5530人分の顧客データが蓄積されています。

さて、日新商事(有) は「個人情報取扱事業者」でしょうか?


全ての問いについて、「個人情報取扱事業者」に該当するか否か、そしてその根拠を答えてくださいねっ。

じっくり考えてくださいねっ。

答えは、後日っということで・・・。

今日はここまでで〜す。

引き続きよろしくお願いします。

ここでの一押しが私の勇気を一押し
☆人気blogランキング☆


+++++++++++++++++++++++++++++++
頑張る人の “夢” と “元気” をサポート
株式会社 藤井事務所 group 藤井好宏
+++++++++++++++++++++++++++++++