皆さんに言われそうですねっ。
「強みや強みグループをビックアップした後の事が知りたいんだ,どうやって戦略に結びつけるんだっ」と

このことは,実は本当に難しいことなんですねっ,ケースによって全く異なりますし・・・。私の考え方をお伝えすることはできますが,具体的にはちょっと難しいです。
でも私の考え方は,うまく使うとうまくいきますよっ。
すこし,整理するのでちょっと待ってください。
このテーマは,是非皆さんも一緒に考えてください。


とりあえず,今日は北九州は小倉の人情もののみっつめで息抜きです。

ワンクリックで順位アップ
2月20日です。

あの「福寿飯店」で昼ごはんを食べて広島に帰る事にしました。

前の晩,後輩たちと言ってたんですよっ。
「ママの挨拶って,いらっしゃいませ,いらっしゃいました」だったよなぁって・・・。
※ 大事なのはイントネーションなんですが,それは説明できないですねっ

午前11時30分ぐらいに入りました。

いらっしゃいませ,いらっしゃいました」との挨拶。

これぞまさしく,私たちが昔お世話になっていたお店です。
お店のママの独特な挨拶です。

まず,これで感激。

そして,よく食べた皿うどんを注文。

まだ私しかいなかったので,ママに「23年前に大学を卒業するまでよくこちらで食べさせていただいたんですよ」から会話の開始。
ママは,北九州大学の学生がバイトとしてよく働いてくれたとか,お孫さんが北九州市立大学に在学中だとか,昔を懐かしんできてくれる北九州大学のOBも多い等の話が弾みました。

そして,なんと,なんと
生ビールの中」と「豚耳」をそっと持ってきてくださったのです。
あと仕事はないんでしょ,どうぞ」っと・・・。

これまた,サービスのオンパレードで大感激。

そうそう,皿うどんは当時のままでした。
抜群にうまかったです。
ちょっと涙がにじみました。

そして,お会計。
皿うどん650円を払うのに1000円を出しました。
350円のおつりとともに,中国のお菓子を渡してくださったのです。
「お子さんにどうぞ」って。(子供いないんだけど・・・)

本当にすごいでしょ。
感動,感動,大感動。

小倉がもっともっと好きになりました。


用事が無くっても,皿うどんを食べにだけでも行くつもりです。



それでは,また





ここでの一押しが私の勇気を一押し
☆人気blogランキング☆ 
 


+++++++++++++++++++++++++++++++
頑張る人の “夢” と “元気” をサポート
株式会社 藤井事務所 group 藤井好宏
+++++++++++++++++++++++++++++++