今日は「強み」について考えましょう。


経営を取り巻く環境分析として,よく,SWOT(スウォット)分析を使います。

そういえば,中小企業診断士試験の2次試験,これでは必ず使いますし,これで正確な分析ができないと2次試験の合格は難しいと言われてます。

内部環境強み,弱みで分析し,外部環境機会(好状況),脅威(悪状況)で分析します。

(内部環境)
人(役員、従業員、協力者等)、物(取扱い商品、店舗、工場、土地等)、
金(売上、利益、資金力等)、情報・ノウハウ(業歴、特許、IT力)・・・。

(外部環境)
法改正,景気、業界内外状況、競争環境(同業者、異業種、異業態等)、立地環境、
社会文化環境(少子高齢化、環境問題、共働きの増加、情報化社会等)・・・。


外部環境というものは,通常,中小企業の皆さんや私たちではどうにも変えることができないことです。
だから,経営戦略を考えるときは,自社のその方向性が外部環境との関係では相応しいのかどうかっ,という見方をするときに使うことが多いようです。

一方,内部環境というものは,ほとんどのことが,中小企業の皆様がご自身で変えることができるものです。

ということは,現状突破するためには,まず内部環境にフォーカスすることが大事なのではないでしょうか・・・。

と強く思いながら経営サポートする私どもですが,内部環境分析をしているときよくあることが今日の本題です。

がっ,まずは質問です

あなたの会社又はあなた自身の強みですか?
5分以内で,書き出してみてください。

ここで一度このBlogを閉じて,考えてみましょうっ!



5分経過

いくつ出てきました?


もしかして,「1個もない」とか,あっても「2.3個しかない」っていう方,いらっしゃいませんか?

私がお伝えしたしたかったのは,このことなんです。

1個もない」とか,あっても「2.3個しかない」っていう方は,実は多いのではないかと思います。

実際の経営サポートの場面でも,非常によくあることなんです
経営者でもですよっ。


なぜなんでしょう?


ここは,経営サポートにおけるポイントのひとつといえます。


次回,私の思うところをお伝えします。


風邪気味なので,今日はこのあたりにさせて下さい。
皆さんも,インフルエンザにご注意下さい。


引き続きよろしくお願いします。


ここでの一押しが私の勇気を一押し
☆人気blogランキング☆ 
 


+++++++++++++++++++++++++++++++
頑張る人の “夢” と “元気” をサポート
株式会社 藤井事務所 group 藤井好宏
+++++++++++++++++++++++++++++++